活動報告−瀬戸市議団

【13.05.28】「橋下氏は撤回と謝罪を」笠井氏が市長辞任要求

橋下市長「慰安婦」発言、批判しない首相の姿勢 世界から批判

 日本共産党の笠井亮政策委員長代理(衆院議員)は26日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、番組に同席した日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)に対し、日本軍「慰安婦」をめぐる発言は人間の尊厳を冒とくするものだと指摘し、発言の撤回と謝罪、市長辞任を求めました。

 問題の発端の「『慰安婦』制度は必要だった」(13日)とした自らの発言について橋下氏が「僕自身が必要だと言ったわけではない」などといいだしたことに対して、笠井氏は「ごまかしてはいけない」と当日(13日)の発言内容を読み上げて指摘。「『当時必要だった』ということ自体が問題だ。世界各国はそこに怒っている」と批判しました。

 さらに、橋下氏が在沖縄米軍に風俗業活用を促した発言を米国と米軍にだけ謝罪・撤回することにふれ、「一番肝心なところには謝りも撤回もしない。(両発言に)共通するのは女性を軍隊の道具にするという発想で、女性だけでなく人間に対する冒とくだ」と述べました。

 橋下氏は「今の世界の紛争地でも女性の人権はじゅうりんされている」などと議論をすり替えて正当化。笠井氏は「米国には謝って撤回しても、『慰安婦』発言を撤回しない態度に世界がまた怒っている」と述べ、公職を退くよう求めました。

 さらに笠井氏は、「慰安婦」制度への軍の関与と強制性を認めた河野談話見直しの動きにふれ、「これを言いだしたのは安倍首相だ。橋下氏の発言を批判すらしない首相の姿勢が、世界各国や国連から批判されている」と指摘しました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)